社会人サークルのビジネスについて

  社会人には様々なサークルが存在します。
つい最近では、早朝読書会等と称して、東京等を始め全国にその火は飛び火し、現在でも尚、続いているサークルもあると聞きます。
  また、社会人サークルを仕切るビジネスというのも生まれ始めました。
こういったサークル活動運営ビジネスは、最初は文化センター的な、余り、利益という二文字を表に出さない、本当の趣味のサークルで、会費等についても、かなり控え目なものでした。
こういったサークルは、実は息が長い場合が多く、実際、長く続いている教室もかなりあります。
  しかし、サークル活動の運営を民間企業で行うとなると、儲けの分も考えなければならないので、より一層難しくなるでしょう。
ですので、こういった社会人サークルはある意味、商売ネタの講座を何講座か用意して、これで顧客を吊り上げ無ければならないのでしょう。
そしてその上で、本当はどんなことがやりたいのかを改めて顧客に伺って、フィットする社会人サークルを選択してもらう様仕向けるべきでしょう。

社会人サークルとビジネスの関係性

学生時代と違い、社会人にはビジネスとしての利害関係が発生します。
その利害関係がネックとなり、心を割って話せる人間関係の構築は非常に難しくなります。
その壁を取り払う一つのヒント、それが社会人サークルです。
社会人サークルはさまざまな境遇の人々が共通の趣味・話題によって引き寄せられて集まっているため、会社損益の利害から解放されています。
一つの共通点は他人との共感を生みやすいのです。
社会人サークルは学生時代と同様、例外なく運動系と文科系に分類されます。
人それぞれの得意分野で、同じ趣味を持つ仲間を増やすことで人間関係に厚みができ、そこで培った人間関係や情報共有がビジネスの好循環を生み出します。
運動系なら一緒に汗をかき、文科系ならお互いの芸術魂を評価しあう。
そこから協調性が生まれ、学生時代のように心割って語り合える仲間と知り合える可能性が高まるのです。
ビジネスは人と人のつながりが大きな影響力を持ちます。
ビジネスで成功したいなら、自分で決めつけた今の枠にとらわれず外の世界を知る努力が必要です。
そのツールの一つが社会人サークルなのです。

recommend

最終更新日:2017/9/8